就職支援の内容と特徴

【開講1ヶ月目】

  受講生ご自身の目標、計画、問題、問題に対する対策をはっきり認識でき、学習意欲と就職に対する自信を高めるために、 開講1ヶ月目には、ヒアリングとキャリア・コンサルティングを中心に就職支援を実施します。全員に個人面談を実施し、 今までの経験、保有資格などの現状と取得予定の資格、希望業種・職種、今後の方向性、就職時期などを確認し、 現状と希望の間にズレがあるかどうか、問題点があるかどうか、問題に対してどのような対策を取っていくか、 目標を達成するためにどのような計画を立てるか等について受講生と話し合います。

【開講2ヶ月目と3ヶ月目】

  履歴書と職務経歴書作成、特に自己PR方法を指導します。 1ヶ月目の個人面談を通じて把握した受講生個々の希望の職種、就職時期、雇用形態などを踏まえ、ハローワークに公開されている求人情報と共に、 数多くの正社員・契約社員・派遣社員を求める求人案件を開拓し、適材適所の原則に沿って、求人企業と求職者双方のニーズにフィットしたマッチングを行い、実のある就職支援を行います。また、訓練3ヶ月目に於いては、面接の指導、 中途採用質問分析と対応方法の指導に重点を置き、就活の実践力と即戦力の向上に努めております。

【訓練修了後3ヶ月以内】

  引き続き、キャリアコンサルティング、求人情報の配信、面接指導、お仕事のご紹介などを中心に就職支援を行います。